お知らせ

お知らせ

2020.03.27

小麦の安定的な供給について

小麦は、約9割がアメリカ、カナダ、オーストラリアなどからの輸入となっていますが、
主要食糧の安定供給の観点から、国が一元的に輸入を行い、需要分の2.3ヶ月分の備蓄があります。
このため、小麦の供給が不足するようなことはありません。
引き続き小麦粉の安定供給に努めてまいります。

(詳しくは、農林水産省HPをご参照ください。)
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/